2014年07月29日 (火) | Edit |
今現在、レンコンと米を育てております。

レンコンを作付けするにあたって貸して頂ける農地の地主さんと地域の農業委員さんと隣の田んぼの方を交えてレンコンを作りますのでよろしくお願いいたしますとしっかり挨拶できました。

それに対して米の田んぼの方は農業委員さんと水利の方には挨拶できましたが隣地の方がどなたかわからず挨拶は出来ませんでした。

米の田んぼは6月1日から借り始めたのですが、

6月3日のお話。

水の出し口と雑草の程度など見に来ていた時、運良く隣地の方がいたので挨拶をと思いまして

私:「今度、OOさんに変わりましてここの田んぼ借りましたOOと申します。新規就農で水稲をこの農地で作らせて頂きますのでよろしくお願いいたします」

隣地のおばちゃん(と言うかおばあちゃ・・・):「あ~そうですか、よろしくお願いいたしますね。頑張ってくださいね」
隣地のおじちゃんと(言うかおじいちゃ・・・):「新規就農ね~。道楽農業ね・・・」

私:「新規で分からない事もあるかもしれませんが迷惑かけないよう気をつけますのでよろしくお願いします┏○ペコ」

隣地のおじちゃん:「道楽やろ道楽・・・」

と言うやり取り、いや~私は正直ムッと来ましたけど。別にこの爺さんに何を言われようが世話してもらってるけではないのでこれ以上はスルーでした。
道楽で農業はしていませんけど、そう見えたのでしょうか・・・その点が残念でした。

他県から来て何で農業なのかと聞かれるのは多く、変わりものみたいな感じで言われるのはありましたが、道楽と言われたのは初めてでしたね。ん~視野の狭さにビックリ、息子さんとかで問題あったのでしょうか。

若い方に引き継いで農業を担ってもらうのは、ここの地域で暮らすお爺さんにも今後大事だと思うのですが。自分より若い方などこんな感じで言われればかなり落ち込むのでは無いでしょうかね?そうでもないかな?もっと逞しいかな


と言うことで、道楽ではレンコンを作っていません「のり」でした。


明後日からレンコン掘りバイト開始です~。盆レンコンまで頑張ります!



農業・畜産 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  ← ↑  ポチットよろしくね~♪





スポンサーサイト