FC2ブログ
2017年10月25日 (水) | Edit |
昨日(10/24)佐賀県のGAP推進大会に出席して来ました。

工場勤務が長かった事もあり農作業がいかに危ないなかでという認識はありました。
業種の中で1番危ない作業と言うことが長年農業をしておられる方は効率と面倒と言うことによって鈍化している。

食に対しての安全もあるのですがやはり1番は自分自身の安全を確保、従業員さんの安全を確保ではなかろうか?
工場や工事現場ではよく見かけると思います「安全第一」。
安全第一と言う標語、まさにその通りで「安全が第一・品質第二・生産第三」。因みに第三までのセットになります。

今現在、私自身ほとんど休みもとらず、長時間作業をしている状態になっている。給付金を受給しているので日記は元より何時間作業したかも書いております。で、一日8時間働いたとして計算したら350日でした。(作業している時間であり移動時間等の拘束時間は含みません)

これ以上働いている方もいると思いますが、私はこの状態が5年、10年と続くかと思うと身体持つだろうかとと考えてしまう。
もちろん今は経営拡大する中で大事な時と認識してる。この状態から打破するための法人化とGAP化である。

私は家族の為、働いてくれる仲間のためにGAPをしっかり考えて行こうと再認識いたしました。

皆さんの話は良かったですが特に
講師 安心農業株式会社 代表取締役社長 藤井 淳生 氏の講話はわかりやすく貴重な体験でありました。

無知な私はHACCP(ハサップ)と言う言葉を初めて知った。2019年度導入へだそうです。
HACCPで調べれば出てくると思いますのでリンク等は出しません。
GAPもなかなかこれだって理解しにくい部分もあります。
まずは県GAPから少しずつ体験実習ってわけでもないのですがしていきます。

県-GAP>J-GAP、アジアGAP>G-GAPとステップUPして認証まで上がっていく方針で進めます。

GAP認証が目的と言うことではなく内容を理解し持続していくことが大事。
今後の農業経営最大の課題、必須案件だと考えます。

世界から見る日本、日本人だけが日本の野菜が安全だと思っているだけです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  ←  中の人が喜びますのでポチットよろしく~♪


スポンサーサイト



テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事