2011年01月31日 (月) | Edit |
本日は雪の為お休みになりました。雪でもレンコンは掘れるのですが、私の身体と無理して風邪引いてもな~って配慮のことです^^。私たち自身はもちろん寒いし冷たいですが我慢出来ます。どちらかと言うと機械的にダメでして、いざ始めようとしても機械・ホースなどが凍っているため無理をして始めて壊れたりすると言う結果に成り得る。ほり丸の車軸の折れ、ポンプの割れなどが考えられるそうです。壊れればもちろん修理代も掛かるし、その日はできなくもなるし判断に迷うところですね。

さて本題(前置き長かったw)
私には、新聞・TVは無いのでまだネットで記事読んでます。

朝日新聞記事

富士通の採用基準で「志望動機は不問。おとなしい学生は採りません」昨年から始めているそうで、「会社のビジネスが変化しているので、周囲を巻き込んで物事を動かせるチャレンジ精神の持ち主が欲しい」だそうです。ウンウンなるほどね^^

ソフトバンクなども、「組織になじめなくてもいいから、挑戦する若者が欲しい」と・・・ふむふむ。

よかったらどうぞ↓「おとなしい学生は採らない! 富士通、一芸採用枠3倍に」
朝日新聞記事 asahi.com


ビジネスブログランキング←ランキング参加中 やる気の源クリックよろしく♪→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ







続きは派遣員時の戯言です。


自分が派遣員で行ってた会社も1回倒産して合併吸収されたそうで社員はそのままだそうです。長い期間働いていたわけではないですが・・・ん~確かに潰れるわな。覇気がない、廊下ですれ違って挨拶しても返事が返ってこない人もチラホラ、働いていればまぁ~なんとか給料はもらえる感が漂ってました。

私はほぼ最後の工程に従事しておりました。歩留まりが悪いのでどうこう言われましたが最後の工程に言ってどうするんだい?1番最初から徹底的に指導するのが社員の仕事ではないのだろうか?って思った。前の工程と後ろの工程の作業者の接点も無いので欲を言えば1ヶ月毎だったですが、言ってみたのは「2,3ヶ月に1度でもいいからコミュニケートするのもいいのでは?」とか「データPC入力で同じ数字を打つ場面が多いので時間の短縮になると思いますので、1度に出るようマクロなど組んで頂けないでしょうか?」(恥ずかしいがマクロは知らないっすワタクシ)などなど提案も派遣員ながらしたりしましたが却下でした。

なかなかいい提案だと思ったんだけどなぁ~試す価値があるならやるべきだと私は考えますがいかがなものでしょうか?やる価値も無かったのか・・・以前から働いていた方などは分かっており言っても無駄無駄って、私にご忠告w
ま、確かに何を頑張ろうが所詮は派遣員・・・時給が変わるわけでもなし、昇格するわけでもなし・・・。
が、それを言ったらおしまいだ。

ヘタレなので会社の重役に行った事はありませんので分かりかねますが、新しい試みはそんなに難しいのだろうか・・・

ドラマの非現実を例に出すのも変ではありますが、「相棒」などを見ていると上は本当にあんなもんなのだろうと納得してしまう自分がいますがね~(笑)

分かりやすく言えばゴミ箱の位置ですが、左隅にあるものを右隅に置けば作業がしやすくなるのではと考えたのなら。その考えで行動を起こすべきと私は考えています。その結果ダメならまた元に戻せばいいのだからね。
もちろん大がかりな改善は資金も時間もかかるので即やりますかっては行きませぬがね。
やりもせずダメですねって言われるのはナンセンスだ。むろん的外れな提案はダメですがねw

このような発想もありなのかなと思う。
行動を起こせない提案があったとします。
1に何がダメなのか箇条で取り上げます。
2で取り上げた項目を一つずつ改善して行きます。

提案自体を良しとして、周囲のダメなものを取り除けば出来るのでは?と言う発想。
逆算で考えるのもいいですね。



ん~私はよく言われるのですが・・・典型的なABね?wって

そう言えば農家の方の血液型って何型が多いのでしょうかね~?
血液型割合は A型が38% O型が31% B型が22% AB型が9% だそうです(サイトによって多少数値が前後していました)

割合のスタートが違うので何とも言い難いですが率で言うとやはりA型が多くなってしまうのだろうかね。
職業での血液型サイトなどありましたらよかったら教えてください~!検索してみましたが私は見つけられなかったです><

特に血液型がどうという事も無いのですがね…知りたがりのAB型?(爆)
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック