2012年03月16日 (金) | Edit |
先週に行われた会議?か何かで給付金の件の進展があると言われていたのでどのような話になったのか本日、普及センターでまた聞いてきました。

準備型の方は大体纏まってきたそうですが、開始型の方はまだまだとの事です。なので取りあえず準備型の話を。

農林水産省のホームページに青年就農給付金の給付要件といPDFがありますのでよかったらどうぞ。
コチラ>>>青年就農給付金の給付要件 PDF
PDFが見れない時はコチラをどうぞ>>>Adobe ReaderPDF


準備型(研修期間中)で気になっていたところがはっきりいたしました。
(1)、(2)、(5)は取りあえず考えていた通り問題は無し。
(4)に関しては今勤めている所から給料をいただかなければ不可能でもない。
問題は懸念した通り(3)の都道府県が認める研修機関・先進農家等の先進農家の部分。

私自身の条件では無く研修先でどのようにして研修するかという内容を研修先が提出しないといけないようです。もちろん私の条件も出てきますでしょうけれどもね。今働いている所では研修制度により時間を取られたりするし、そもそも研修制度自体もどうかな?と思われているのでしょう・・・これ以上は何とも言えませんが

あと(4)にも掛かってくるのですが金銭的な事です。150万の給付は年2回に分けてになるそうで、開始して半年後、さらに半年後の給付だそうです。先じゃないのか?準備になってないぞ・・・準備型対象になる前に準備が必要だ
そうなると給付金開始から私は半年間収入無しの生活になるわけで蓄えが必要だ・・・丁度軽トラやらTVやらなんやら買ってしまいましたん~とは言え、軽トラやら買わないでも半年もたない感はあるが。

その前に今の常勤の仕事してれば150万は普通に稼げるかな…という事です。正直、それは分かっていてなるべく今年からは農地借りとか地域活動とかに動きたいという事から給付金を当てにしていたわけですがね。

準備型の方は取りあえず流れ~かな。

まだ日時が分からないとの事でしたが、来月には説明会もあるとのことです。


そうなると、今度は開始型の方を攻めてみたいですが、農地取得と認定農業者にならないとな。
こちらはまだ話が進んでおられないようですが、内容を見るとなかなかコチラも色々手順がいりそうな内容ですね。

こうなってくると認定就農者になり準備の資金を借りるという事だけでも有りかとも思う。

結局のところこの青年就農給付金も詰る所、土地あり、お金あり、地元民有利な制度であるか・・・


お金がないのは最初からわかっているのだし貯めるぞ~負けないぞ~!

概要が分かっただけでもすっきりして安心した


因みに、枠は全国で8200人だそうです。都道府県で対象数が前後するのかは分かりませんけど8200/47で160~180人程度といったところでしょうか。

今の段階での給付金などは利用できないとしても、自分自身が初めて人でも雇えるほどになった場合でも利用できる制度であって欲しいとは思いますので不正に給付金を受け取る人が出ない事を祈ります。また判断も難しいところでもありましょうけれど見逃さないように期待いたします。開始の前に経営者になって書いちゃってるけど・・・ご勘弁をw


←↓ ランキング参加中  励みの1クリックよろしく♪→ blogram投票ボタン

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村









スポンサーサイト
テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック