2012年09月12日 (水) | Edit |
1カ月更新していなかった為、広告が出る様になってしまった。さすがにマズいと思いましたので更新。

独立できるよう動いてはおりますが、やはり最大のネックは農地取得ですね。山間部とかそれほど盛んでない地域は聞けば少しなら有るとか無いとか・・・なんて話も。私のいる地域は後継者も結構いるそうで、農地もそちらの方に流れてしまう。

元から地元で農家をしているわけでもない他所者の私には厳しいですね
2年ほど農業修業で暮らしてきました。なんとか地域の人達との交流をと思い役員的な事もしております。

と言う事で、少しは私の事を知っている方もいるでしょう。資金もあり農地を購入できるほどの蓄えもあれば始められない事も無いのですが、なにぶん・・・資金なんて無いのですよね

農地が無ければ認定農業者にもなれないし、お金を借りるのにしても保証人も立てなければならない。農協が間に入ってくるのも変。そもそも、県外から来た素人に対して保証人を立てられると思っている方がおかしい。何と言うか、ここら辺は当てにもしていないのでどうでもいいのですが・・・フランスの制度の上っ面をなぞるだけの150万円給付金をするよりも、この辺を改善するべきと思います。

友人の紹介で、あるお方にお会いいたしました。今の段階では詳しくは書けないのですが、お力を貸してくれるとの事でとてもありがたく思います。しかし、本来ならば役場、農業委員会、普及センター、農協などに力を貸して頂きたい・・・のですが、難しいのですかね。無理です、ダメです、無いですね。が口癖なんですかね?w

愚痴ばかりになっているのでこの辺で・・・。


当然の事ですが自分が動かなければどうしようもないので、来年生きて行けるように頑張るぞ~

CIMG1880.jpg
1週間前のレンコン田。掘っていますよ~!お手伝い員ですがね・・・。

そろそろレンコン収穫も一旦終わって米に移ります~の前に玉ねぎ種入れか。

今年は私も独立に向かって動きたいとの事で玉ねぎ植え付けまではやるかどうかな~レンコン手掘り修業もしたいな。作らない米、玉ねぎをやるくらいなら、本業として考えているレンコン掘りの修業がいいからね。



← ランキング参加中  励みの1クリックよろしく♪→ blogram投票ボタン

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ← ポチットよろしくね~♪ → にほんブログ村 バイクブログへ




スポンサーサイト
テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
自分には自分の思いがあるように、貸し手にも思いがあります。


土地の場合は、「ちゃんと仕事する人間やろか。将来、土地を返してくれるやろか」と思っていて、人物を見極めようとしていると思います。
2012/09/12(Wed) 22:09 | URL  | 福平 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
福平さん、コメントありがとうございます。

仰る通りだとお私も思います。佐賀に越してくる前からその事は最大に重要だと思いました。

なので農家さんで働ける場所を探してなんとか働けるように。地域にも少しでも覚えて頂こうと区の役員にもなりました。元々、関東出身の私は方言が分からず苦労しております。佐賀県の方は早口調なので2年経った今も分からない時が多々あります。

農地も売りならすぐにでもできる情報がそこそこ有るんですけどね。結局、面倒だから売った方が楽って方も多いってことでしょうね。1反80万として5反で400万・・・買えないのですよね~。

貸しの農地は全く持って情報が無く、当事者同士で話が決まってから報告もあるとの事もあるそうです(本来はいけないのでしょうが)
地元同士の方でも揉めたりする時もあるそうですね、となると県外から来ている私は相当努力しないと難しい。

友人の紹介で2年間ほど県外からなんとか独立と思い働いている私に力を貸してくれる方も出てくれました。始める支度準備と出荷品を引き受けてくれます。

しかしながら、まだ農地を借りれない私は努力が足りないのでしょうね…。

大変だとは思っていたのでこの程度では負けませんよ~!
2012/09/12(Wed) 23:18 | URL  | のり #-[ 編集]
どこの誰兵エ
そうですか。私は関西生まれで、18才から北海道や東日本で40年程働いて来ましたから、東西での考えの違いはよくわかります。


関西は(佐賀ではありませんが)、お互いの情緒が安定出来るよう会話をします。
東日本では要件を先行できますが。

安心の一つが「どこの誰か」がわかっていることです。「あの土地で○○をつくっているのりさん」であると、周囲に知られる必要があります。
ですから、一旦就農してしまえば、のりさんの仕事ぶりも農業上の所属も決まっていますから、農地の話が時々舞い込んで来ます。


行政にはふつう就農希望者をフォローする担当者がいますが、相談されましたか。
手順を教えたり、農地の斡旋もしてくれる自治体が多いです。


5反の売り物があるそうですが、これを買うには農家資格が必要です。
農家資格を得るには、借地でいいからすでに4−5反(地方によって違いあり)を耕作している必要があります。
2012/09/13(Thu) 11:57 | URL  | 福平 #-[ 編集]
Re: どこの誰兵エ
福平さん、再度コメントどうもありがとうございます。

今加勢人で行っている農家さんの周りの区では恐らく私の事は大体の人は知ってるようです。ありがたい事に県外から来て農業やろうと1人で来ている変わりもんで通っているようです(笑)

たまに、「あんた、まだOOさんとこいっとるの~?」って聞かれます。
「はい、行ってますよ~」って返したりの会話もあったり致しますが、この声を掛けてきた方は私には一切誰なのかもわかりませんのですけど・・・。ぐらいなので一応、どこの誰なのかは浸透してきているようではあります。

相談の方ですけれど、佐賀に来た当初は仕事のあても無く来ていますので相談に行っております。丁度研修制度の選考が終わってしまっているとの事で農家さんでの仕事もなかなか見つかりませんでしたが、役場の方で紹介をして頂き今現在も働いております。顔出しも偶にではありますが行っております。

勿論、農地の方も給付金の相談なども足を運んでおります。足踏み状態ですね。

そもそも、始めようとしている作物がレンコンというのも少々ネックでありまして。
玉ねぎを作る分には貸して頂ける可能性もあるのですが、レンコンとなると貸す側もレンコンじゃなぁ~と構えてしまうのですよね。周りの田にも注意を払っていかないと水が漏れて大変なことにもなるし、貸した田が泥沼になるのは見たくないのでしょうかね。田んぼなんてもんじゃないのでe-268
2012/09/13(Thu) 18:54 | URL  | のり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック