2016年09月17日 (土) | Edit |
れんこん掘りで使用している農事用電気のブレーカーが頻繁に落ちてしまう。漏電遮断器のあとに付けてある配線用遮断器になるのですが、おそろくポンプを交換したことにより負荷がかかってしまい落ちると判断。

今年、白石町では記録的寒波で-9.6まで冷え込んだ。
佐賀新聞の記事になります→ 居座る“冬将軍” 白石町で氷点下9.6度、過去最低 

そこで冷え込む前にポンプの水抜きをしたかったのですが、水抜きのキャップが前に使用していた方が回したことがないのだろうか?と思えるほど固着していてつまみの部分が割れてしまった。それによって私の判断が甘く毛布2枚重ねて巻いておけば大丈夫かな~なんて思ってしまい水抜きをしませんでした。

まさかここまで冷え込むとは思いもよらずポンプのケースが割れてしまいました。それで使用できなくなったカルイのポンプから工進のポンプに交換。何故、工進かと言いますと・・・そこは値段です、半値です。今年はこれで我慢。

と、ポンプ交換によりポンプ側のプーリー径が変わってしまった。
IMG_4305.jpg
カルイポンプ。

IMG_4308.jpg
工進ポンプ。25mm違いました。

Vベルトを張って水を出すと5分とせずブレーカーが落ちる。ベルトを緩め気味で回せば問題ないのですが、水圧が弱くてなかなかれんこん掘りが進まずじまい。

そこで15Aのブレーカーから20Aのブレーカーに変更と言う考えに至りました。
IMG_4309.jpg
15Aの配線用遮断器となっていました。

IMG_4312.jpg
IMG_4313.jpg
IMG_4314.jpg
IMG_4318.jpg
今回モノタロウで購入。メーカーは同じですが表記が少し違うかな?大丈夫だろう。

交換に当たり心配していたことが1つ。配電盤に取り付けてあるブレーカーがボルトナットで止めてあるのか木ネジなのかです。ボルトナットだと配電盤そのものを外さないとならなかったため面倒だなぁ~と思ったのですが・・・

IMG_4316.jpg
赤丸の部分。
IMG_4317.jpg
木ネジでした~

と言うことで、いそいそと交換(朝6時半

IMG_4320.jpg
外しました。

IMG_4322.jpg
20Aを取り付け。

IMG_4327.jpg
変わっていないように見えますがカバー取り付け。

終了~

心配なのは20Aにしたことによってキャプタイヤ、モーターの発熱がさらに上がると言うこと

心配でしたのでモーター側のプーリーを小さくするようプーリーを頼んでおきました。6インチから5インチへ。

配線用漏電遮断器の交換でした~



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  ←  中の人が喜びますのでポチットよろしく~♪





スポンサーサイト
テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可