2017年06月25日 (日) | Edit |
れんこんの種植え、肥料ふりなどずっと遅れていた行程もやっといち段落。
6/21日に田植えも終わり少し余裕が出てきました。
とは言え、種植えにしても肥料投入もかなりの遅れである。本来ならば一カ月前には終わっているところ・・・

これからは、除草及び防草シートはり、モーターポンプの屋根つくりなど凝った作業にあたりたいと思っております。

おかげさまで、4月から一人雇用できております。
今回種入れ等大幅に遅れていたところに来ていただけたことに大変助かっております。
まだまだ規模拡大を目指す私としては今後も引き続き頑張っていただきたいと期待しております。



過去記事で書いていますが、去年の出荷の状況から動かないとやってはいけないことを勉強しましたのでいよいよ動きます。

来年農家5年生の私は、新規就農者ではなくなってくる。資金繰りに関してステップUPを図りたいので認定農業者を目指します。
現在、青色申告でありますが簡易なので複式に切り替える。お金はかかってきますが雇用も出てきましたので、ここらへんで税理士に頼んでいく考えであります。

他にもやることも増えてくると思っております、少し視野を広げていきたいとも思っております。出荷過多になってきたレンコンだけではなく他の作物も今後のために考えなければなりません。

まぁ~食べたいものを作るってのがいいだろうか…適地ってのもあるだろうししっかり考えてみたいと思います。
高齢化に伴って農地もそろそろ出てくる時期にいよいよ差し掛かってきたところですね。
佐賀県に越してきたころから言われては来ておりましたがいよいよかな・・・7年経ちました。

れんこん栽培としては狭いし、縦盤で適していないだろうと言われている農地で色々と反対されて始めました。するのは私自身だしなにより経験がないと何も進めないのがわかったための経験作り、ようやくここにきて意義が出てきた。

4年目のれんこん現在の生育は過去最低の出来栄え。全れんこん田が悪いわけではないのですが、適期に植えた2圃場以外は泣けてくるほど悪い。

特に有機JAS圃場のれんこんはジャンボタニシとアブラムシに叩きのめされているし、現在もアブラムシにかなりやられております。セット動噴を購入したので殺虫剤は掛けれないですが、水圧で飛ばすというしないよりはましかという程度の事を実施。適期に植えていればもう少しましだったでしょうが…悔しい。



IMG_9892.jpg
まわりでは、れんこんの花が咲いております。

我が有機JAS圃場の様子。
IMG_1832.jpg
昨年6/23の様子。

IMG_9419.jpg
今年6/16の様子。

今年植えた時期がかなり遅いので比べるのも何ですが、れんこん栽培をしていない方でも見ればわかるほど違いが・・・減収は確実。収穫できるのだろうかも心配なほどですが、もっと生育が遅れるとも思っていたのでこれでもホッとしているぐらい。

こんな年もありますね。止まっていても何も成せないので前を向き努力あるのみ。

8月からのれんこん掘り開始がしっかりできるよう生育管理を怠らず経営していきます。

やるぞ~

次回の記事は去年から購入している機械類の紹介でもしたいと思っております。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  ←  中の人が喜びますのでポチットよろしく~♪

スポンサーサイト
テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可