2017年07月17日 (月) | Edit |
有機JAS認証を受けている作物の栽培は今年で3年目。
1年目は作付面積が少なく手を入れる時間も多くとれ試行錯誤して栽培できた。

2年目は1町3反に有機JAS圃場が増えて一人では追いつかず。前半の種入れ時には手伝ってもらうことで何とかしのげた。

しかし、今年は出荷が大幅に種植時期にずれ込んで適期を過ぎてしまった。昨年と面積は変わっていないので明らかに準備不足。

成長が昨年と比べて段違い。

IMG_0890_1.jpg
2016年7月19日に撮ったレンコン田になります。勿論、有機JAS認証圃場です。


IMG_0890.jpg
こちらは2017年7月15日。素人目にも違いが一目瞭然。

反収50%はダウンでしょうか・・・と言うより手前は収穫時に成長できるのか。
奥側は掘り切れなかった据え置きのレンコンになっております。

今年は雨がほとんど降らずアブラムシが大量に発生。追い打ちでジャンボタニシも大量。2回ほど少しではあるが補植も致しました。やはり適期に植えていないので成長に深刻なダメージ。

水漏れ補修も種レンコン植えつけ前にする予定が・・・反省点は山済みです。

今年は泣きの1年。過去には戻れないので、しっかり検証して問題解決に努めたいと思います。

愚痴こぼしたりもあって難しいことでしょうが「反省はしても後悔はしない、全力でぶつかる」と「有言実行」は私のモットーです。

出荷予定では、有機JASれんこんは盆明けからということです。例年より少々早めの出荷になってます。据え置きを掘ったら少し間が空くかなとは考えておりますが経過次第ですね。

来年増やす田んぼがまだ見つかっていないので空いている時間を活用するかな。

従業員さんも来てくださっているので更なる、面積拡大に力を入れます。総面積は320aとなっております。当面の目標は500aに設定。

理想だと60aのほ場が3枚と言った感じでしょうか。水源無しの45aだと井戸を掘っても勿体ないし、90aだと圃場1枚が大きいので有機JAS栽培には個人的に管理が厳しいと。

来週、農業委員会に足を運ぼう。あ、そう言えば7月末で委員さんが変わると言っていたか・・・8月にしておくか。

買うに当たっての資金調達も考えねば・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  ←  中の人が喜びますのでポチットよろしく~♪





スポンサーサイト
テーマ:農業
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可